大学案内

 HOME > 大学案内 > アセスメントポリシー

アセスメントポリシー

学習成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)

 川崎医療短期大学では、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの3つのポリシーに基づき、大学全体レベル、教育課程レベル、授業科目レベルの3段階で学修成果を検証する。


<アセスメントの3段階>

1. 大学全体レベル

就職率、国家試験合格率、卒業時満足度調査、休退学率、卒業率等から、大学レベルでの学修成果達成状況を測り、アドミッション・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーの妥当性の判定や、全学的な教学マネジメントの改善に活用する。

2. 教育課程レベル

学科における卒業要件達成状況(単位取得状況、GPA)、資格・免許の取得状況、実習要件達成状況等から、学科レベルでの学修成果達成状況を測り、教育課程の効果的編成を促進する。

3. 授業科目レベル

シラバスで提示された授業科目の学修目標に対する評価や学生による授業評価等の結果から、科目ごとの学修成果達成状況を測り、成績評価の妥当性の検証及び授業の質の改善に役立てる。


<具体的な検証方法>
  • 1. 点検評価委員会は、各学科に対し、別表に定める評価指標に基づき教育課程レベル及び授業科目レベルでの検証を行うことを指示する。
  • 2. 各学科では、評価指標を基に教育課程レベル及び授業科目レベルの検証を行い、分析結果を報告書にまとめて、点検評価委員会に提出する。
  • 3. 点検評価委員会は、学科からの報告及び当該委員会が行う大学全体レベルの評価指標による検証を基に、本学の教育を査定する。
  • 4. 評価指標及び検証方法については、別表に定める。指標の見直しについては、定期的に点検評価委員会が行う。
  • 5. 検証に必要なデータは、各担当部署から各学科及び点検評価委員会に提供される。
  • 6. 検証に使われたデータ及びその分析結果は、最終的にIR室が管理する。




Top
看護科 医療介護福祉科