大学案内

 HOME > 大学案内 > 教育理念・目的・教育目標

教育理念・目的
・教育目標

教育理念

 川崎医療短期大学は、大学の理念のもと、社会に貢献できる専門的な医療福祉人を育成することを教育理念とする。

目的

 川崎医療短期大学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、有能にして社会の要請にこたえ得る医療福祉関係の専門技術者並びに業務従事者を養成することを目的とする。

教育目標

 川崎医療短期大学は、大学の理念と教育理念のもと、目的を実現するために以下のような教育目標を設定する。


  • 1. 健やかな心と体をもつ。
  • 2. 医療福祉の専門的知識・技能を身につける。
  • 3. 自ら学び続ける精神をもつ。
  • 4. 多様な人々を理解し共感する心を育む。
  • 5. 医療福祉人としての高い倫理観と責任感をもつ。


看護科


教育理念

 人間性豊かな知性と感性を育み、健全な心身と倫理観を備えた、社会に貢献できる看護専門職者を育成する。


目的

 看護の専門的知識・技能を身につけ、変化する社会に対応できる人材として地域社会に貢献できる看護実践者を養成する。


教育目標

  • 1. 看護専門職者として健全な心身をもつ。
  • 2. 看護を実践できる基礎的能力を身につける。
  • 3. 看護を探求し続ける精神をもつ。
  • 4. 他者と連携・協働できる能力を養う。
  • 5. 看護実践者としての高い倫理観と責任感をもつ。

医療介護福祉科


教育理念

 健全な心身と高い倫理性をもち、社会に貢献できる医療介護福祉の専門職者を育成する。


目的

 介護サービスにおける中心的役割を担える人材として、介護を必要とする人の自立支援に必要な知識と技術及び医療知識を備えた介護福祉専門職者を養成する。


教育目標

  • 1. 医療介護福祉の専門職者として健全な心身をもつ。
  • 2. 生活支援が必要な人への介護実践能力を身につける。
  • 3. 根拠を明確にした介護ができるよう自ら学び続ける精神をもつ。
  • 4. チームの一員として他職者と協働できる。
  • 5. 介護福祉士としての職業倫理をもち、社会的役割について考えた行動ができる。

Top
看護科 医療介護福祉科