気象警報等が発表された場合の授業・定期試験等の取扱い

授業(定期試験含む)実施に関する気象警報発令時等の取扱いについて

気象警報等発生時の取扱い流れ図

台風等により、対象となる気象警報等が発表された場合は、授業(定期試験を含む)については以下のとおり措置します。

対象となる気象警報および警戒レベル

  • 暴風警報
  • 暴風雪警報
  • 大雪警報
  • すべての特別警報
  • 警戒レベル4以上:避難勧告・避難指示

  ※地震については災害状況により学長が判断します。

対象となる気象警報等が発表されている地域

  • 「倉敷地域」、「岡山県南部地域」又は「岡山県全域」のいずれかで気象警報が発表された場合には、本学で行われる授業や定期試験が休講措置等の対象になります。
  • 避難勧告・避難指示については、本学所在地(倉敷市松島地区)に自治体から警戒レベル4以上が出された場合に該当します。
  • 実習等が本学以外の施設で行われる場合には、当該施設等の所在地を含む地域に発表された気象警報に基づいて、授業等が休講措置の対象になります。

気象警報等が解除された場合の授業の措置

  • 気象警報が、午前6時30分までに解除された場合
     平常どおり実施
  • 気象警報が、午前10時30分までに解除された場合
     3時限(12時45分)より実施
  • 気象警報が、午前10時31分以降に解除された場合
     全時限休講

対象とならない気象警報等により登校できない場合の措置

休講措置の対象とならない気象警報や局地的な災害発生で交通機関が運休する等により登校が困難な場合は、届出により受講できなかった授業を公欠扱いとします。


  • 本学のキャンパス地域に気象警報や警戒レベル等が出ていないが、現住所のある地域や通学路に気象警報等が出て登校が困難な場合には、届出により受講できなかった授業を公欠扱いとします。各自で通学の適否を判断してください。
  • 現住所のある地域に警戒レベル3(高齢者避難開始)以上が発令され、通学困難や身の危険を感じる場合は、自身の安全を最優先してください。届出により受講できなかった授業を公欠扱いとします。
  • 気象現象又は地震により、鉄道や道路が遮断されて交通機関が運休して登校が困難な場合には、届出により受講できなかった授業を公欠扱いとします。なお、瀬戸大橋線の強風に伴って運休した場合にもこの措置が適用されます。

 上記の理由で登校が出来なかった場合には、後日、所定の「気象警報・災害発生による公欠願」を提出してください。

休講となった授業の補講及び公欠扱いとした学生にかかる授業の取扱い

  • 通常授業が休講の場合、後日補講を行います。詳細は、別途ポータルサイト等でお知らせします。
  • 定期試験が、中止の場合、別の期日に試験を行います。詳細は、別途ポータルサイト等でお知らせします。
  • 通常授業を公欠した場合、補講はしません。別途授業担当者の指示に従ってください。
  • 定期試験を、公欠した場合、別の期日に追試験を行います。「追試験願」提出等の所定の手続を行ってください。
  • 休講となった授業の補講、中止となった定期試験等は、休日、祝日などに行う場合もあります。

授業等実施中に地震・火災等の緊急事態が発生した場合

  • 地震・火災・水害等の緊急事態が発生した場合は、直ちに状況を把握の上、学長の判断により対応します。
  • 緊急に授業等を中止せざるを得ない場合の避難等については、キャンパス内の安全な場所に避難するなど教職員の指示に従ってください。
  • 河川の氾濫や道路の冠水、土砂崩れなどにより帰宅が困難となった場合は事務室に申し出てください。
  • 授業等の措置については、追ってお知らせます。

確認・周知方法等

  • 気象警報の確認は、各自が気象台の天気予報及びマスメディアにより行ってください。テレビのデジタルデータ放送(リモコンの「d」ボタンを押す)からもリアルタイムで情報を入手することができます(気象情報、河川水位・潮位などの観測情報、避難情報等)。
  • 休講や補講等の連絡は、本学ポータルサイト・構内放送・各学科の「学生連絡網」等でお知らせします。

警戒レベルと避難行動

警戒レベル 避難行動 市町村が発令 本学
命を守る最善の行動 災害発生情報 休校
自宅待機(避難)
避難 避難指示・避難勧告
高齢者等は避難 避難準備
高齢者等避難開始
場合によっては自宅待機(避難)
場合によっては休校
避難行動の確認  
心構えを高める  

Top
看護科 医療介護福祉科