特色

 HOME > 特色 > 川崎医療短期大学とは

川崎医療短期大学とは

高度な専門的知識と技能を
もった人材の育成

 川崎医療短期大学は、創設者・川﨑祐宣の壮大な構想を持って発足された川崎学園において、川崎医科大学、川崎医科大学附属高校に次ぐ三番目の施設として1973年4月に開設されました。
 その構想における本学の教育は、将来における医療の高度化を展望し、高度な専門知識と優れた医療技術をもって医師団をサポートする有能な専門的医療技術者を育成するという、当時の短期大学としては他に類を見ない先駆的なものでした。
 本学では、「人をつくる 体をつくる 深い専門的知識・技能を身につける」という建学の理念のもと、開学以来続けてきた実践重視の教育がチーム医療の場で活躍できる実践力を養うとともに、歴史と伝統に裏付けされた心温まる教育により豊かな人間性を身につけた人材を輩出することで高い評価を得てきました。
 また、2つの大学病院を中心とした西日本随一といわれる川崎学園ネットワークの恵まれた実習環境を持つ本学には、地元だけでなく全国から強い目的意識を持った学生が集い、卒業後はその多くがチーム医療を担うスペシャリストとして活躍しています。
 現在は改組を経て、看護科、医療介護福祉科の2学科体制ですが、これまでに培った教育実績と伝統を継承し、これからも社会に求められる良き医療福祉人を育成していきます。


Top
看護科 医療介護福祉科