大学案内

 HOME > 大学案内 > メッセージ

Message メッセージ

学長から

 川崎医療短期大学は、学校法人 川崎学園の設置する大学として1973年(昭和48年)に開学いたしました。数回の改組を経て、現在、2つの学科から構成されています。看護科では、疾患に基づく心身の変化を入念に観察し、専門的治療に積極的に参画できる有能な看護師を育成します。医療介護福祉科では、障害者や高齢者の身体機能と認知機能を詳細に評価し、その自立を支援できる卓越した介護福祉士を育成します。
 本学の建学の理念は、学園創設者である川﨑祐宣が定めた「人をつくる、体をつくる、深い専門的知識・技能を身につける」であり、その理念に相応しい医療福祉人に育つよう、充実した教育方法を開発しております。すべての教員は、在学生が豊かな教養を身につけた良き社会人に育つこと、さまざまな試練に耐え抜く健康な体を維持できることを願っており、医科大学に附属する2つの大学病院の人的・物的資源を活用して教育します。それによって、医療福祉分野の実践的知識と技能を習得し、医療介護連携を推進できる専門職として社会貢献することを最終目標としています。
 本学では、創立46年という長い歴史と伝統に支えられて、本学出身の有能な教員が中心となって心温かい教育を与えます。そこには、建学の理念を踏まえた手厚い指導を行う教育環境が整えられています。地元岡山県の出身者のみならず、全国から、医療福祉分野のプロフェッショナルになりたいと願う明確な目的意識と意欲をもった多くの学生が入学します。その強いモチベーションが、2~3年という短期間に、多くの基礎的ならびに専門的科目の単位修得を可能にする原動力になっています。そして、この力が高い国家試験合格率に繋がり、卒業生の全員がそれぞれの専門的知識・技術を活かせる一流の病院や介護福祉施設に就職しています。
 超高齢化の進行が著しいわが国において、人間の尊厳を重視した医療福祉サービスを提供できる専門職への期待と要請は、ますます増大しています。次の世代を担う医療福祉分野の指導的専門家を志す皆さんの本学への入学を、心から願っております。

学生部長から

 本学は医療、福祉の専門職を養成する短期大学です。皆さんの『看護師になる』、『介護福祉士になる』というそれぞれの夢を実現するために学生生活全般をサポートするのが学生部です。
 学生部の活動は、大きく分けて課外活動に対する支援と学生生活そのものへの支援です。課外活動の支援では、学友会活動、部・同好会の活動や学園祭、スポーツ大会、クリスマスパティーなど学生主体で行う行事に対する支援があります。課外活動ではありませんが、学生の行うボランティア活動も社会性を身につける体験と共に満足感や達成感が得られるように支援をしています。
 一方の学生生活への支援では、健康支援室や学生相談室の運営に関わり、健康管理や交友関係の悩み、進路の悩みなど皆さんの気がかりなことへの相談を受けています。また、福利厚生や奨学金の手続、キャンパスの安全と美化など快適な学生生活が送れるように授業以外の学生生活を支援しています。
 学生部の中心メンバーは、各学科の担任や健康支援室養護職員、事務部代表から組織された学生生活支援委員会委員と事務部庶務課です。加えて本学は担任制及びアドバイザー制を導入しているため、全教職員が親身に対応していく姿勢を身につけています。困ったとき、悩みがあるとき、気軽に教職員に声をかけてください。きっと力になれると思います。
 学生生活は2年あるいは3年と短い時間ですが、皆さんが心身ともに健康で希望に満ちた学生生活を送れるように支援していきたいと思っています。

川崎医療短期大学
学生部長 (副学長補佐)
新見 明子


Top
看護科 医療介護福祉科