介護福祉士養成のための
奨学金・修学資金貸与制度のご案内

今までにない、『介護福祉士として病院に就職するための奨学金』を新たに設立!

介護福祉士を目指す学生を支援する
奨学金や修学資金貸与制度についてご案内します。

大学病院など病院で働く介護福祉士になりたい!
医療の知識を活かして、福祉施設で働きたい!
そんな熱い想いを支える奨学金制度がさらに充実!!


1. 病院奨学金

 本科に在学する学生で、将来、介護福祉士として勤務することを希望する学生に、病院・施設から奨学金が貸与されます。
〖学費サポート法人〗
学校法人川崎学園(川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センター)/社会福祉法人岡山博愛会(岡山博愛会病院)/社会医療法人鴻仁会(岡山中央病院)/公益財団法人操風会(岡山旭東病院)/岡山医療生活協同組合(岡山協立病院)/医療法人誠和会(倉敷紀念病院)/公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構(倉敷中央病院)/社会医療法人祥和会(大田記念病院)

貸与制度額月額30,000円
返還義務各法人が規定する期間内に所定の金額を返還
その他貸与を受けた法人の病院等で既定の年数継続して業務に従事した場合は全額返還免除
2. 各都道府県介護福祉士等修学資金貸与制度

 この貸付事業を使えば、5年間返還免除対象業務に従事する(介護福祉士として働く)ことにより貸付金の返還免除となります。2021年度より、学費の範囲内で、日本学生支援機構や病院奨学金との併用が可能となる予定です。

貸与制度額月額50,000円
(他、入学準備金20万円・就職準備金20万円・国家試験対策費用8万円 合計228万円)
返還義務都道府県が設定する期間内に都道府県が設定する金額を返還
その他経済的な事情があり、成績が優秀な者。貸与を受けた都道府県の介護施設等で5年間(地域、年齢によっては3年)継続して業務に従事した場合は全額返還免除

岡山県社会福祉協議会ホームページへ

※2021年度より、岡山県介護福祉士等修学資金貸与制度と病院奨学金、日本学生支援機構等の奨学金との併用が可能となる予定です。

3. 生命保険協会奨学金

 介護の専門職として期待される介護福祉士の養成を支援する目的で、介護福祉士を目指して勉学する人のための給付型奨学金制度です。

貸与制度額月額20,000円(2年次12ヶ月)
返還義務なし
その他採用人数1人、経済的な事情があり、成績が優秀な者
4. 新見市介護学生奨学金支援給付制度
5. 高梁市介護福祉士養成修学支援事業

Top
看護科 医療介護福祉科